ふるさと納税 ワンストップ特例制度

ふるさと納税のワンストップ特例制度について。
ワンストップ特例制度とは、ふるさと納税をした後に確定申告をせずして税金控除が受けられるという仕組みです。やり方は簡単で、「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項を記入して、寄付した自治体に送るだけです。寄付金上限額内で寄付したうち2,000円を差し引いた金額が住民税から全額控除してもらえます。

ここで知っておかなければならないことがあります。それは、ワンストップ特例制度を申請するにあたって3つの条件があります。それは・・・

1 もともと確定申告をする必要のない給与所得者等であること

2 1年間の寄付先が、5自治体以内であること

3  申し込みのたびに自治体へ、申請書を郵送していること

上記の条件を満たしている方に限られますので、ご注意くださいね。

 

もし、ワンストップ特例制度の期日(1月10日必着)までに、申請ができなかった場合は確定申告をすることになります。確定申告をすれば、税金は控除されますので安心してください。

また、支払う予定の住民税以上にふるさと納税をされた場合は、その超えた分は当然、控除の対象とならずその場合は、寄付をして返礼品を貰うだけとなります。それでも良いから、寄付をしたい!という方も当然、いらっしゃいますので念のため。